日立製作所は違法な入植地ビジネスに関与しないでください!

株式会社日立製作所 執行役社長兼CEO 東原敏昭 様

国際法違反である「エルサレム・ライトレール」拡張工事の入札への参加中止を求める要請書

私達は、中東における公正な平和を願う市民として、貴社が、パレスチナ西岸地区で拡張工事が予定されている「エルサレム・ライトレール」(以下、JLR)の入札参加企業に含まれていることを知り、深く困惑しています。
Jerusalem light rail Green Line tender launched (International Railway Journal, April 04, 2018)

国際法違反であるイスラエル入植地を結ぶJLRは、パレスチナ人からの土地収奪や移動の自由への侵害を促進するプロジェクトとして、国際的な批判を浴びてきました。イスラエル入植地の違法性は、2004年の国際司法裁判所の勧告意見において明確にされています。
Omar Barghouti, ”Derailing Injustice: Palestinian Civil Resistance to the “Jerusalem Light Rail” (Journal of Palestine Studies 38, 2009)

2012年には、パレスチナの人権状況に関する国連特別報告者が、イスラエル入植地の建設と維持に寄与する全ての企業活動の中止を求め、そうした企業活動の一例として、フランス企業ヴェオリア社によるJLRへの投資を含めた、パレスチナ被占領地における諸活動を指摘しました。
Situation of human rights in the Palestinian territories occupied since 1967 (A/67/379)

国際的なボイコット運動に直面し、200億ドル以上とも言われる損失を出したヴェオリア社は、2015年にJLRを含めたイスラエルにおけるすべての事業から撤退しました。
BDS Marks Another Victory As Veolia Sells Off All Israeli Operations (Palestinian BDS National Committee, September 1, 2015)
Veolia closes the sale of its activities in Israel(1 APRIL 2015)

こうした動きを受け、日本の外務省は2017年7月にホームページ上で、入植地ビジネスのリスクについて、「東エルサレムを含むヨルダン川西岸におけるイスラエルの入植活動は国際法違反とされているため、それら地域に関わる経済活動(例えば、経済・金融活動、役務の提供、不動産の購入等)を行う場合は、金融上、風評上及び法的なリスクがあり得る他、そうした活動への関与が、人権侵害とされる可能性があり得ることについて、十分留意する必要がある」との警告を掲載しています。
イスラエル国(State of Israel)基礎データ:二国間関係(2.経済関係)

すでに、2014年にイスラエルの平和団体「Who Profits from the Occupation」によって、日立製の重機がイスラエル軍によってパレスチナ人の家屋破壊に用いられていることが指摘されており、それに対し、貴社は、「『ビジネスと人権に関する指導原則』の実行を通じて、人権尊重の責任を果たす」としている「日立グループ人権方針」に基づき、「将来において同様の事例が起きる可能性を減らすよう最大限の努力を継続する」と回答しています。
Concerns that Hitachi equipment has been used in home demolitions in the occupied Palestinian territory and in Israel (Business & Human Rights Resource Centre, September 2014)

しかしながら、現在も日立製の重機は家屋破壊の現場で使用されており、こうした状況に対して貴社がどのような「最大限の努力」をされてきたのかも全く明らかではありません。その上に、今回、JLRの入札への参加をするということは、上記の回答の誠実さが問われる事態であると言わなければなりません。
Ongoing construction in Israeli settlements (Ahmad Al-Bazz/Activestills.org)

現在、イスラエルは、トランプ政権による極端な親イスラエル政策の下で、ますます入植地建設のペースを加速し、入植地の併合に向けた動きを強めています。国際法違反であるイスラエルの入植活動をこれ以上放置すれば、中東地域における平和の実現は不可能となり、パレスチナ被占領地における人道的危機は制御不可能なレベルに深刻化しかねないという国際社会の懸念は現実になりつつあります。
AIDA声明「占領下パレスチナ領の危険な状態を受け、第三国の緊急行動を求める」(2018年5月9日)

この間、安倍政権は、一方で「二国家解決」にもとづく和平への努力を唱えつつ、他方で、イスラエルとの関係強化を促進し、日本企業に対しても様々な働きかけを強めています。しかしながら、この二つの方針は根本的に相矛盾するものであり、イスラエルの入植政策がもたらす深刻な法的・経済的・政治的な影響への十分な理解を踏まえない極めて場当たり的な政策であることに注意しなければなりません。日本の企業は、その時々の政府の方針に追従・忖度することなく、国連の諸決議やパレスチナの危機的現状を的確に把握した上で、長期的な視野に立って自らの企業活動に関する人権デュー・ディリジェンスの実施を進めるべきです。
以上の認識にもとづき、私達は、日立製作所が、国際法および自ら定めた人権方針を尊重し、「エルサレム・ライトレール」の入札への参加を直ちに中止することを求めます。また、日立製作所の重機がパレスチナ被占領地における家屋破壊に使われ続けていることに対して、より明確な態度表明を公的に行うなど、具体的な防止措置を取ることを求めます。

2018年5月30日

BDS japan準備会
アハリー・アラブ病院を支援する会
占領に反対する芸術家たち
パレスチナと仙台を結ぶ会
パレスチナの平和を考える会
パレスチナ勉強会・大阪
広島中東ネットワーク有志
武器輸出反対ネットワーク
フツーのLGBTをクィアする
北海道パレスチナ医療奉仕団

広告

Letter of Request regarding Hitachi’s participation to the bid for the Jerusalem Light Rail

President & CEO of Hitachi, Ltd

Mr. Toshiaki HIgasihara

Letter of Request regarding Hitachi’s participation to the bid for the Jerusalem Light Rail

We are deeply embarrassed by the news that Hitachi ltd. is among the companies who will participate in the bid for the Jerusalem light rail line which is going to be expanded in the Occupied West Bank.

Jerusalem light rail Green Line tender launched (International Railway Journal,  April 04, 2018)

Jerusalem Light Rail which connects Jerusalem city and illegal Israeli settlements has been internationally criticized as a project to promote the exploitation of Palestinian land and the violation of Palestinian’s freedom of movement. Illegality of Israeli settlements was unambiguously concluded in the advisory opinions of International Court for Justice in 2004.

Omar Barghouti, Derailing Injustice: Palestinian Civil Resistance to the “Jerusalem Light Rail” (Journal of Palestine Studies, Issue. 38, 2009)

In 2012, the UN Special Rapporteur on the situation of human rights in the Palestinian territories recommended to suspend all operations which aid in the establishment or maintenance of Israeli settlements, citing Veolia Environment’s activities in the Occupied Palestinian Territories including its investment on the JLR.

Situation of human rights in the Palestinian territories occupied since 1967 (A/67/379)

Facing with the international boycotting, Veolia, which is said to have lost more than 20 billion USD because of boycott campaign, sold all of its business operations in Israel including JLR in 2015.

BDS Marks Another Victory As Veolia Sells Off All Israeli Operations (Palestinian BDS National Committee, September 1, 2015)

In this context, In July 2017, the Japanese Ministry of Foreign Affairs posted a warning on its website, warning that “settlement activities in the West Bank, including East Jerusalem, are in violation of international law, and one must be aware of the financial, reputational and legal risks as well as possibility that involvement in such activities can be regarded as the violation of human rights when involved with economic activities (for example, economic and financial activities, provision of service, purchase of real estate etc.) in these areas.”

Ministry of Foreign Affairs of Japan

“Who Profits from the Occupation”, an Israeli peace group, already pointed out in 2014 that Hitachi’s heavy machineries were used in Israeli army’s demolition of Palestinian houses. In response to this report, your company answered that based on the “Hitachi Group Human Rights Policy” which emphasizes the responsibility to respect human rights through implementing the UN Guiding Principles on Business and Human Rights, you will continue to use our best efforts to reduce the likelihood of similar events from happening in the future.

Concerns that Hitachi equipment has been used in home demolitions in the occupied Palestinian territory and in Israel (Business & Human Rights Resource Centre, September 2014)

However, Hitachi’s heavy machineries are still used in the house demolition and we don’t know what kind of “best efforts” have been done towards such situation. Furthermore, your company is going to participate in the bid for the JLR. This makes us doubt about your sincerity in the above-cited answer.

Ongoing construction in Israeli settlements (Ahmad Al-Bazz/Activestills.org)

Now Israel is accelerating settlement building and moving toward annexation of those areas, in cooperation with radically pro-Israeli policy of Trump administration. If we keep silent about Israeli settlement activities, the peace in the Middle East will become impossible and the humanitarian crisis in the occupied Palestinian Territories will become uncontrollable and such concerns of International community are becoming reality.

Abe administration has been asserted the necessity of peace efforts based on the two-state solution on the one hand and at the same time it has proactively promoted to strengthen the relation between Japan and Israel pushing Japanese companies to be engaged with Israeli businesses on the other hand. However we should be well aware that these two policies are contradicting each other and short-sighted failing to understand the serious legal, economic and political impact of Israeli settlement policy. Japanese companies should properly understand the related UN resolutions and the critical situation in Palestine without depending on the fluctuating policy of changing state policy and conduct human rights due diligence regarding their business with long-term perspective.

Based on the above understanding, we demand that Hitachi should respect International law and its own human rights policy and immediately stop participating in the bid for the Jerusalem Light Rail. We also demand that Hitachi should take concrete measures to prevent the ongoing use of its heavy equipment in the Occupied Palestinian Territories by Israeli armies, including official publication of its stance against such inhumane use of its equipment.

If you need more detailed information on the situation of human rights abuse such as house demolitions by the Israeli army in the Occupied Palestinian Territories as well as the use of your company’s equipment by Israeli army, please contact us. We are ready to cooperate in that point.

May 30, 2018

Artists Against Occupation
Association for support of Al Ahli Arab Hospital
BDS japan preparatory committee
Group for Palestine Studies, Osaka
Network against Japan Arms Trade
Palestine Forum Japan
Palestine-Sendai Solidarity Group
Queering Futu-no-LGBT

行定勲監督、テルアビブ国際LGBT映画祭をボイコットしてください

「フツーのLGBTをクィアする」等の市民グループが連名で、5/31~6/9に開催されるテルアビブ国際LGBT映画祭に行定勲監督『リバーズ・エッジ』が出品されるのを受け、その引き揚げを求めて、パレスチナのクィアたちからの呼びかけの手紙とともに以下のメッセージを行定勲監督に送りました。ここにその内容を転載します。できるだけ広く情報を拡散することが、監督の行動を促すことになると思いますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

プラカとか作るフェミとlgbtの会 facebook
ツイッター:https://twitter.com/lgbtq_luna/status/999202695721304067
ツイッター:https://twitter.com/lgbtq_luna/status/999207545163022338


テルアビブ国際LGBT映画祭をボイコットしてください

行定 勲 様

わたしたちは、パレスチナ/イスラエルにおける公正な平和を求め、イスラエルの広報外交政策における「ピンクウォッシング」に反対する日本の市民の立場から、行定勲監督に、来週5/31から開催されるテルアビブ国際LGBT映画祭(TLVFest)をボイコットし、『リバーズ・エッジ』の出品を中止していただくよう求めます。

わたしたちは、上記映画祭のスケジュールが発表された5/20に、パレスチナの市民から行定監督の参加を知らされ、監督に映画祭での上映中止、および文化ボイコットとしてのイスラエルでの配給辞退を検討していただくよう訴えかけることにしました。下記に、パレスチナの市民が、映画制作者のみなさんに映画祭ボイコットを呼びかけている手紙とその日本語訳をお送りしますので、ぜひご一読ください。

国際的な映画界での最近の出来事を付け加えますと、女優・映画監督のナタリー・ポートマンが、イスラエル軍によるパレスチナ・ガザでの非武装市民虐殺を受けて、イスラエルのノーベル賞といわれるジェネシス賞を辞退したことや、カンヌ国際映画祭でガザ攻撃への抗議行動が行われたこと、映画監督のジャン・リュック・ゴダールが、TLVFestのスポンサーにもなっている「Saison France-Israel」に参加拒否を表明していることはご存じかと思います。

・女優ナタリー・ポートマンさん、イスラエルの賞を辞退
http://www.afpbb.com/articles/-/3171986?pid=20049551
・ガザ攻撃 ベニチオ・デル・トロらカンヌで抗議行動
http://www.webdice.jp/topics/detail/5629/
・French revolt against Macron’s support for Israel
https://electronicintifada.net/blogs/ali-abunimah/french-revolt-against-macrons-support-israel
https://blogs.mediapart.fr/les-invites-de-mediapart/blog/040518/contre-la-saison-france-israel

また、東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(東京レインボーリール)は、2013年までイスラエル作品を何度も上映していましたが、2014年にわたしたちのメンバーの一人がピンクウォッシングについて注意喚起する手紙を送って以降、イスラエル作品の上映はありません。

・東京国際レズビアン&ゲイ映画祭からの回答
http://selfishprotein.net/cherryj/2014/TokyoIsraelPalestine.html#TILGFF_answers

行定監督は『リバーズ・エッジ』のTLVFestへの参加をもちろんご存じのことと思いますが、配給会社キノフィルムズがこれを進めていて監督ご自身の為し得るボイコットの範囲が契約上限られているような場合もあるかもしれません。ぜひ、最大限の意思表示と交渉を行ってくださるよう、応援しています。
ご不明な点などありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
映画祭が始まる5/31までに、行定監督のお考えを表明していただきますよう、お返事をお待ちしています。

どうぞよろしくお願いします。

2018年5月23日

フツーのLGBTをクィアする
プラカとか作るフェミとLGBTの会
フェミニズムとレズビアン・アートの会
BDS japan 準備会

[返信連絡先]weretheagitpropsatpride@gmail.com

blog:http://feminism-lesbianart.tumblr.com
facebook:プラカとか作るフェミとlgbtの会
twitter:https://twitter.com/lgbtq_luna


Pinkwatching Israelによる呼びかけの日本語訳](関連リンク付きPDF

テルアビブ国際LGBT映画祭をボイコットしてください

パレスチナのクィアたちとその賛同者たちは、BDS運動の一環として、2018年5月31日から6月9日に開催されるテルアビブ国際LGBT映画祭(TLVFest)のボイコットを呼びかけます。わたしたちは、国際的な映画製作者のみなさんに、この映画祭から作品を引き揚げ、パレスチナの人々の人権が尊重されるときまでイスラエルに対する文化ボイコットを呼びかける、パレスチナ市民社会からの要請を尊重することを求めます。パレスチナの人びとは、イスラエルがその国際法違反についての責任を果たすよう、世界中の良心をもつ人々に、アーティストたちがイスラエル国内で自分たちの作品の上演や発表をしないようもとめることを含めて、協力を要請しています。このパレスチナからの文化ボイコットの呼びかけを留意する
世界中の文化人たちは、映画製作者を含め、増加しています。そのなかには、ジョン・グレイソン(John Greyson)、ミーラー・ナーイル(Mira Nair)、ケン・ローチ(Ken Loach)、ザ・イエスメン(The Yes Men)そしてマイク・リー(Mike Leigh)がいます。こうした動きは、イスラエルがパレスチナ人たちの権利を抑圧し否定しつづけるあいだは、業務平常通りなどというものはありえない、というメッセージをイスラエルに送っています。

昨年は、パレスチナのクィアたちからの呼びかけに連帯を示して、TLVFestから5人の監督が出展作品を引き揚げました。この際南アフリカのジョン・トレンゴーヴ(John Trengove)は次のように述べました。

「アパルトヘイト体制下のたたかいの痛みが、わたしたちの集団的な意識においてはいまだ生々しく残るなかで、多くの南アフリカの人々にとって、この問題は非常にセンシティヴなものです…わたしがいま知っていることを踏まえれば、わたしが出席を取りやめることは不可避であると感じています…この映画祭と(わたしがそれに参加すること)が、イスラエル政府による人権の侵犯から関心を逸らさせうるものであるという事実を、見過ごすわけにはいかないのです。」

このテルアビブ国際LGBT映画祭は、イスラエル国内の、国際法の諸違反に深く共犯する複数の存在に支援をうけています。イスラエル文化省は、この映画祭を支援する組織の一つで、2005年からイスラエルの海外での肯定的なイメージを推進するプロジェクトである、ブランド・イスラエル(Brand Israel)を率いています。このプロジェクトはパレスチナ人たちに対する、占領と暴力の日常的なリアリティから注意を逸らせるためのものです。この映画祭は、イスラエルによる占領や入植者植民地主義、そしてアパルトヘイトから注意を逸らせそうした状況を正常化するための、いわゆるピンクウォッシングとして知られる、ゲイ・ライツのシニカルな利用を推進しています。したがって、この文化ボイコットというのは、アーティスティックな創造への検閲ではありません。むしろ、映画製作者を含めた国際的なアーティストたちに、パレスチナ人たちの人権をイスラエルが尊重するまで、TLVFestといった、イスラエル政府の支援を受けたイスラエルの文化イベントに参加しないことを求めるものです。

わたしたちは、映画制作者のみなさんに、TLVFestやテルアビブ・プライド2018(TLVPride 2018)といった、イスラエル政府とその提携組織に、そのアーティストとしての自由と声を接収されないように求めています。ピンクウォッシングは、あなたを、テルアビブ市LGBT広報担当者であるYaniv Weizmanの言葉を借りれば、「イスラエルの大使の一人(“an ambassador for Israel”)」となることを求めているのです。

あなたの作品は、イスラエルがガザのパレスチナ人たちに対しておこなったあらたな虐殺から何日もたたないテルアビブで、上映されます。殺されたなかには子どもたちもいます。1万2,000人を超える人びとが負傷させられました。その多くが脚を切断する必要があるほど深刻な怪我を負っています。イスラエルはプライドとTLVFestを、パレスチナの家族たちが愛するものを失った悲しみにくれているただなかで、祝うのです。各国政府がイスラエルの責任を追及しようとしないなかで、アパルトヘイト体制の南アフリカに対してのものがそうであったように、国際的な市民社会からのプレッシャーは、効果的な要求の方法であり、パレスチナの人々に、自由と正義と平等への、希望を与えるものです。このパレスチナの
人々のなかには、パレスチナのクィアたちも含まれています。

LGBTsへの不公正に抗いLGBTの解放のために、LGBTコミュニティーズに可視性をあたえるという重大な役割を担う映画製作者として、イスラエルが提示するミスリーティングなリアリティに、みなさんが見ないままでいることをやめるよう、わたしたちは望んでいます。そしてみなさんが、TLVFestへの参加辞退をつうじて、不公正と占領にあらがう立場を断固として示されることを希望します。

Pinkwatching Israel

※Pinkwatching は、パレスチナのクィアたちとそのアライからなる集団で、パレスチナ主導の、自由と正義と平等をもとめる運動である、ボイコット・資本引き揚げ・制裁(BDS)運動のなかにいます。わたしたちは、パレスチナの人々への継続する抑圧から注意を逸らせ、さらには正当化するために、ゲイ・ライツを利用するイスラエルとその共犯関係にある諸組織の試みに反対しています。


[原文:Letter from PinkwaTching Israel to intl directors at TLVFest2018](PDF with related links)

パレスチナの市民社会からのBDSの呼びかけ

2005年7月9日、パレスチナの170以上の団体の署名を得て公開されたBDSの呼びかけです。


国際法および人権という普遍原理の遵守までイスラエルに対するボイコットと資本の引き揚げ、制裁措置を行うよう求めるパレスチナの市民社会からの呼びかけ

占領下にあるパレスチナ人たちの領土にイスラエルが建設した壁は違法であると判断した、国際司法裁判所(ICJ)の歴史的な勧告的意見が出されてから1年が経った。しかしイスラエルは、このICJの判断を完全に無視して、植民地支配のための壁の建設を続けている。パレスチナ人たちの西岸地区(東エルサレムを含む)とガザ回廊、そしてシリア人たちのゴラン高原がイスラエルによって占領されてから38年間、イスラエルはユダヤ人入植地を拡張し続けている。イスラエルは、軍事占領した東エルサレムとゴラン高原を一方的に併合し、今や、この壁という手段によって西岸地区の広大な土地を事実上併合しつつある。さらにイスラエルは、ガザ回廊からの再展開という計画の裏で、西岸地区での入植地の建設と拡張に向けた準備を進めている。イスラエル国家が建設された土地の大部分は、パレスチナ人の土地所有者たちが民族浄化された場所であった。それから57年が過ぎて、パレスチナ人の大多数は今も難民であり、その難民のほとんどは国籍や市民権を持っていない。その上、国内のアラブ・パレスチナ人市民に対する人種差別主義的な体制は固定化され、今もそのままである。 “パレスチナの市民社会からのBDSの呼びかけ” の続きを読む